手作りにグルメやお取り寄せ、新米おばあちゃんの色々なことを書いてみました。

ここ婆のいろいろ☆日記

建康の話

余命宣告の告知はするべきか?

投稿日:

88歳の母にどう告知するか?

大きな課題が与えられた。

最近は癌の告知は当たり前。

きちんと告知して覚悟させる。

最後の生き方、終わりを決めさせる。

その方が納得できる。

本人はもちろん周りも後悔しない?

 

担当医にも告知した方がいいと言われた。

告知しないであまり良い結果を見ていない。

時代の傾向だろう?

以前なら隠して当たり前。

本人に知らせるなんて!

とんでもない話だった。

 

今は違う。

知らせて覚悟を決めさせる。

最後にしたい事をさせる。

それが本当の優しさだろうか?

88歳の母は耐えられるだろうか?

 

家族の中でも意見は分かれる。

そんな年寄りに知らせるべきでは無い。

ぐっと落ち込むに違いない。

イヤきちんと告知するべきだ。

答えのない課題だ。

 

自分ならどうだろう?

考えてみた。

私なら教えてほしい。

最後にしておきたい事をする。

好き勝手するのではない。

きちんと整理したいこと。

悔いを残さない事。

やっぱり教えてほしい。

 

そして一人娘の私が話すことになった。

さぁどんな言い方をしよう。

話し方が一番大事だ。

間違えられない。

 

検査入院だけだと信じている母。

どこも悪くなくてホッとした。

そう信じている母への伝え方。

大きな課題が私を襲う。

 

そういえば日本酒が大好きだった母。

若い頃からかなり呑んでいたらしい。

膵臓癌の原因かもしれない。

もう美味しいお酒を飲むこともできないのだろうか?

 

 

岡山の地酒飲み比べセット。

5種類もあっての見応えもある。

甘口から辛口までそれぞれ飲みやすい。

一人で呑むには私には多すぎる。

母と二人で呑める日があるのだろうか。

 

 

 

 

☆ブログ村に参加しています☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

\ シェアしてください /

-建康の話

Copyright© ここ婆のいろいろ☆日記 , 2019 All Rights Reserved.