手作りにグルメやお取り寄せ、新米おばあちゃんの色々なことを書いてみました。

ここ婆のいろいろ☆日記

手作り

孫のスモック☆テキストどおりに作ってみました。

投稿日:

子供達が小さい頃、よく作っていたスモック!

洋服の上から着せておくと、暖かいうえに、

汚しても、洗濯が簡単です。

最近また、孫のために作りだしたスモック!

新しい型紙を購入しました。

今回は、そのテキスト通りに作ってみました。

☆生地の用意

わかりやすくする為、見頃とポケットは共布を用意、

袖は別布にして、それぞれ1センチの縫い代で断ちます。

袖口と見頃の裾は、三つ折り仕上げの為、2.5センチの縫い代

☆ポケットを付ける

前身頃にポケットを2コ、左右に付ける

1コの場合は、身頃の中央に付ける

最初に、つける方が楽に縫えます。

ポケット有無は自由ですが、ある方が便利かなぁ

☆見頃と袖を合わせる

見頃と袖を開いた形であわせます。

スモックを開いた形です。

見頃と袖を合わせて、しつけをします。

この時、まだ、見頃脇と袖脇は、開いたままの状態です。

今まで、見頃と袖をそれぞれ縫っていたので、

ここが、作り方のちがう所でした。

☆首周りの処理

4センチ幅のバイアステープを75センチ用意する。

市販の物でも良いが、基本的には、共布で作る。

共布の残りを4センチ幅の斜めに裁断して作る。

首回りの長さよりも少しゆとりがあった方が良い。

生地に余裕がない時は、つなぎ合わせて作ると良い。

首周りの表地にバイアステープの裏表の状態でしつけて縫う。

バイアステープを裏に返して、三つ折りにする。

テープの両端を押さえミシンで縫い、首回りを仕上げる。

この時、ゴム通し口を開けるのを忘れずに作っておきます。

バイアスの初めと終わりを折り返して作ります。

☆見頃と袖を一気に縫い合わせる。

続けて縫うのでとても楽です。

ジグザグミシンをかけて、見頃と袖を仕上げます。

☆身頃のすそを始末する。

裾は、アイロンをかけて、三つ折りにする。

押さえミシンをかけて仕上げる。

☆袖口を始末する。

袖口も三つ折りし、押さえミシンをかける。

縫い始めと終わりの時、1.5センチ開けておく。

ここが、ゴム通し口になるので忘れず開ける。

☆首回りと袖口にゴムを通す。

7ミリ幅のゴム40センチ1本、17センチ2本用意

それぞれゴムを通して出来上がり!

テキスト通りのこの作り方は確かに簡単でした。

今回は、試作として作ったので

糸変えにこだわらず、縫いました。

見頃と袖の生地を変えて作るなら、

長年作り慣れた方法が、私にはいいかも?

同系色や同じ生地なら、この作り方は、

確かに簡単ですね〜

初めて作る人は、やはりテキスト通りがいいし、

慣れてきたら、自分なりの工夫をしていくのが、

手作りの楽しみですよね!

☆ブログ村に参加しています☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

\ シェアしてください /

-手作り

Copyright© ここ婆のいろいろ☆日記 , 2019 All Rights Reserved.