手作りにグルメやお取り寄せ、新米おばあちゃんの色々なことを書いてみました。

ここ婆のいろいろ☆日記

ひとり言 グルメ

久々のパスタランチの後には、母の味「九州の味高菜の油炒め」

投稿日:

年に一度、九州から母が遊びに来る。

88歳にもなろうかという母がひとり新幹線に乗って来る。

去年くらいから杖を突き出した。

さすがに、足運びには衰えを感じる。

それでも、掃除や料理の家事はまだ現役のようだ。

 

久しぶりに岡山駅地下のパスタ屋「pelcola」に寄った。

駅地下の飲食店は次々閉店しては変わっている。

その中で、多少の変化はあっても、長く続いている。

私も、この店のパスタは大好きだ。

駅に用事で出た時は、タイミングが合えば食べている。

 

11時からの営業が始まったばかりにお店に入る。

すでに先客は、二組いる。

私は、ランチのペスカトーレ。

 

 

サラダにスープかパン、ドリンク付きの1520円。

 

 

連れの息子は、ここではこれしか食べない。

「ボンゴレビアンコ」

このパスタが食べたくて付き合ってくれる。

それくらい美味しくて、大好きみたいだ。

 

年寄りにパスタはいかがなものかと早めにランチ。

母には、お寿司を買って帰る。

 

久しぶりの母の味は九州の高菜の油炒め。

 

 

高菜の漬物を油で炒め、醤油、みりんで味付けする。

最後に、ごま油で風味をつける。

子供の頃から食べてきた懐かしい味。

育った土地の味でもある。

どんなに美味しいものを食べていても?

高価なものにも負けないのが母の味。

いくつになっても変わらない。

子供達にとって、私の母の味は何なのだろう?

思わず考えてしまう。

 

☆ブログ村に参加しています☆
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

\ シェアしてください /

-ひとり言, グルメ

Copyright© ここ婆のいろいろ☆日記 , 2018 All Rights Reserved.